FC2ブログ

Entries

『佛陀』総目次

======================
『佛陀』 総目次・凡例
======================
一、記載にあたっては、本文から採録することを原則とし、本文から情報が得られない場
合には目次を参照した。副題および小題は、――(ダッシュ)のあとに示した。
一、仮名遣いは原文のままとし、固有名詞をのぞき、旧漢字・異体字は、通例の字体にあ
らためた。また、明らかな誤植、脱字以外は原文のままとし、人名その他も統一をは
からなかった。
一、〔 〕は作成者の補足であることを示す。
一、目次、奥付などには触れなかった。また、浅野研眞の文章が寄せられている場合をの
ぞき、広告は採録しなかった。
一、「誌友(師友)通信」の発信者、「質疑応答」の質疑者、短文のたぐいの著者は省略し
た。
一、原本に頁数表記のない頁数には( )を付した。

*     *     *     *     *


◆第一巻第一号 一九三三年九月一〇日発行
大乗仏教と社会実践   浅野 研眞 2~11
関西遊記   浅野 研眞 12~13
師友通信14~15
編輯後記  浅 野 生 16

◆第一巻第二号 一九三三年一〇月一〇日発行
教団のあるべきやう  浅野 研眞 2~7
テロリズム断想 牧野内寛清 8
善光寺詣で――御発刊の祝にかへて  筧  潮風 8
一人一描――高島米峰氏/眞溪涙骨氏/井上哲次郎氏 西  玲子 9
[資料]佐田介石『世直し一ツとせ節』  佐田 介石 10
お願ひ  浅野 研眞 10
熱河だより  内田 義眞 11
仏教社会学会第三回研究会/佛陀社取次図書目録/仏教法政経済研究所モノグラフイー 12
師友通信 14~15
編輯後記  浅 野 生 16

◆第一巻第三号 一九三三年一一月一〇日発行
ルンペン親鸞 浅野 研眞 2~8
偶感  無 々 子 8
善悪と云ふこと――仏教と道徳  南塚 昭純 9~10
お釈迦様に恋をした女流作家 木曾みどり 11~12
仏教社会学第四回研究会/佛陀社取次図書目録/仏教法政経済研究所モノグラフイー 13
誌友通信 14~15
赤き都より  阿部よしゑ 15
編輯後記/座談会の御案内 16

◆第一巻第四号 一九三三年一二月一〇日発行
亜細亜(一幕)  クーチュリエ原作、浅野研眞改訳 2~9
仏教落書小考  上坂 倉次 10
一枚の木の葉  赤松 月船11
受領図書 12
『佐田介石全集』の発刊に就いて  浅野 研眞 13
教界彙報(帝都仏青創立紀念大講演会/日本大学神道クラブ研究会/仏教社会学第五回研究会)/佛陀社取次図書目録/仏教法政経済研究所モノグラフイー 14
誌友通信 15
編輯後記  浅 野 生16
座談会の御案内 16

◆第二巻第一号 一九三四年一月一〇日発行
仏教の時代性――年頭の言葉  浅野 研眞 2~3
仏教の起源その他  タールハイマー 4~13
誌友通信 15
巴里だより  松尾邦之助 15
編輯後記  浅 野 生 16
座談会の御案内 16

◆第二巻第二号 一九三四年二月一〇日発行
仏教の地域性  浅野 研眞 2~4
「植字工」  富永仲基 奥山 道明 5~6
将来の無宗教――ギイヨーに於ける宗教消失論の帰結  吉水 十果 7~8
モスクワ便り  阿部よしゑ 9
[子供の頁]慶念坊と捨子  岡 みつを 10~11
誌友通信 12~13
編輯後記  浅 野 生 16
座談会の御案内 16

◆第二巻第三号 一九三四年三月一〇日発行
科学の彼方に宗教  浅野 研眞 2~3
草堂漫想  綿貫 六助 4~5
銀座の柳――『処女無価値論』  近藤 信夫6~7
駄句る  無 々 子 7
巴里だより  松尾邦之助 8
『佐田介石全集』の発刊に就いて――十方 諸氏の御支援を乞ふ  浅野 研眞 9
小著『佐田介石』に対して諸家よりの芳書  大森亮順/尾佐竹猛/田邊壽利/徳重浅吉/中澤見明/一柳知成/吉川秀造/禿氏祐祥/本庄栄治郎/清水純直/常盤大定 10~11
誌友通信 12~13
[海外通信]モスクワだより 13
編輯後記  無 々 子 16
座談会の御案内 16

◆第二巻第四号 一九三四年四月一〇日発行
花まつり小感  浅野 研眞2~3
[誌友論想]融和事業――三月十四日小感  太田 覚眠 4
祖先崇拝  橋本 正恵 4~5
『仏教社会学』を読みて  友松 圓諦 6・5
[コント]一日一善  河地 東夫 7~9
想ひ  福井  昭 9
[子供の頁]おまつり(童話)  槇本楠郎、遠山陽子挿絵 10~11
佛陀社三大期誓  佛 陀 社 12
誌友通信 14~15
受領図書 15
編輯後記  浅 野 生 16
座談会の御案内 16

◆第二巻第五号 一九三四年五月一〇日発行
仏教の王道論  浅野 研眞 2~7
母の死に直面して  遠藤 順栄 8・15
逝く者の心理  松山 五郎 9~12
受入図書/受領雑誌 佛陀社図書部 13
誌友通信 14~15
編輯後記  浅 野 生 16

◆第二巻第六号 一九三四年六月一〇日発行
求道夜話  浅野 研眞 2~4
欧洲人は親鸞をどう観る――「出家とその弟子」の仏訳反響  松尾邦之助 5~8
青年仏教徒の使命  緑川 光覚 9~11
病愁録  無 々 子 11
佛陀社セツルメントの創設――仏誕二千五百年記念として 12
新入図書 13
誌友通信 14~15
編輯後記  浅 野 生 16

◆第二巻第七号 一九三四年七月一〇日発行
病床断想――『清澤文集』を読みて  浅野 研眞 2~4
巴里の思ひ出  昇 須美子 5~7
「求道夜話」を読みて  横川 四郎 8~9
排酒運動の側から  安藤 政吉 10
新刊紹介 11
白隠禅師座禅和讃 12
佛陀社三大期誓  佛 陀 社 13
誌友通信 14~15
編輯後記  浅 野 生 16

◆第二巻第八号 一九三四年八月一〇日発行
国府と稲田――親鸞聖跡巡礼  浅野 研眞 2~5
母の随筆  伊福部敬子 6~8
昇曙夢氏より 8
不安のパトロギー  高井  直 9~ 11
暑中御見舞ひ申上げます  佛陀社一同 11
自然礼讃  福井  昭 12
駄句片々  無 々 子 13
誌友通信 14~15
編輯後記  浅 野 生 16

◆第二巻第九号 一九三四年九月一〇日発行
真の仏教復興  浅野 研眞 2~3
嘆異鈔の醍醐味  辻田 長生 4
信州渋温泉の伝説  橋本 正恵 5
巴里雑詠  森永  龍 6
北支那だより  内田 義眞 7 
偶作  無 々 子 7
『社会宗教としての仏教』合評(1)  藤井草宣/吉水十果/徳重浅吉/櫻井庄 太郎/古野清人/神田正法 9~12
[論壇]清貧主義是非  高井  直 13
誌友通信 14~15
編輯後記  浅 野 生 16

◆第二巻第一〇号 一九三四年一〇月一〇日発行
遊行僧一遍  浅野 研眞 2~6
宗門に叫ぶ  井上 淳念 7~8
焼津だより  鈴木  賢 9~10
『社会宗教としての仏教』合評(2  山下 祥一 11~13
巴里徒然草  無 々 子 13
誌友通信 14~15
編輯後記  浅 野 生 16

◆第二巻第一一号 一九三四年一一月一〇日発行
仏教復興批判  浅野 研眞 2~5
療病と求道/生活抄  無 々 子 6~7
『社会宗教としての仏教』合評(3)  高井直/好村春輝 9~12
受領図書 13
誌友通信 14~15
編輯後記  浅 野 生 16

◆第二巻第一二号 一九三四年一二月一〇日発行
佛陀社三大期誓 (2)
利用されぬ農村寺院  浅野 研眞 3~5
農村の仏教復興  北山  正 6~7
普化宗と虚無僧  橋本 正恵 8~10
八王子の一日  浅野 研眞 11~12
仏教社会学会 12
受領図書 13
誌友通信 14
編輯後記  浅 野 生 15

◆第三巻第一号 一九三五年一月一〇日発行
佛陀社三大期誓 (2)
仏教復興以後  浅野 研眞 3~5
宗教復興批判の態度  高井  直 6~7
弱者の地位  伊福部敬子 8~10
佐田介石忌並に遺品展覧会の記  一記 者 11~12
日本品(メード・イン・ジャパン)時代の先駆 明治の奇僧・佐田 介石、遺品に偲ぶその意気(『東京日日 新聞』昭和九年十一月十七日掲載) 12
誌友通信 13
編輯後記  浅 野 生 14

◆第三巻第二号 一九三五年二月一〇日発行
仏教社会学院の開設!! ――敢て趣旨を江湖に訴ふ  浅野 研眞 2
仏教社会学院概要  佛 陀 社 3
浅野研眞著『日本仏教社会事業史』合評『日本仏教社会事業史』について谷本  富 4~6
『日本仏教社会事業史』を読む  禿氏 祐祥 6~7
『日本仏教社会事業史』読後感  福場 保洲 8~9
『日本仏教社会事業史』を読む  馬場 明男 9~10
『日本仏教社会事業史』を読む  徳重 浅吉 10~11
『日本仏教社会事業史』に就て  鷲尾 順敬 12~13
認識不足の蒙を啓く『日本仏教社会事業史』  高島 米峰 13
誌友通信 14
編輯雑記  浅 野 生 15

◆第三巻第三号 一九三五年三月一〇日発行
仏教社会学から見た浄土――附、指方立相問題批判 浅野 研眞 2~9
『日本仏教社会事業史』出版記念の夕の記  志賀 静丸 10~12
誌友通信 13
編輯雑記  浅 野 生 16

◆第三巻第四号 一九三五年四月一〇日発行
「霊の救ひ」と宗教  本田喜代治 2~4
受領小冊子及び抜刷類 4
浅野研眞著『日本仏教社会事業史』合評(続)『日本仏教社会事業史』を読む  圓谷  弘 5~7
日本仏教の特殊社会学的研究――浅野研眞氏著『日本仏教社会事業史』に就て  岩崎 卯一 7~10
『日本仏教社会事業史』の批判  好村 春輝 11~12
誌友通信 13
編輯雑記  浅 野 生 14

◆第三巻第五号 一九三五年五月一〇日発行
若き女性に仏教を語る  浅野 研眞 2~5
療病日記から  辻田 長生 5
仏教ユトピアの一考察  浅野 研眞 6~10
「歎異鈔」を排撃す  菅  舜英 11~12
台湾だより  平野 廣治 12~13
相州だより  都高 悦道 13
新刊紹介 14
編輯雑記  浅 野 生 15

◆第三巻第六号 一九三五年六月一〇日発行
佛陀社三大期誓/佛陀社青年会々則 2
現代青年に仏教を語る  浅野 研眞 3~6
仏教的社会実践に就て  浅野 研眞 7~9
再び「歎異鈔」を排撃す  菅  舜英 10
欣求浄土   奈良 敬蔵 11
新刊紹介 11
仏教社会学院概要 12
編輯雑記  浅 野 生 13

◆第三巻第七号 一九三五年七月一〇日発行
佛陀社三大期誓/佛陀社青年会々則 2
青年死刑囚の最後の手紙 3~14
誌友通信 15
編輯雑記  浅 野 生 16

◆第三巻第八号 一九三五年八月一〇日発行
中華僧大醒法師の筆蹟/印度僧ラーフラ・サンクリトヤーヤナ師を中心に!〔写真〕 (2)
青年死刑囚の最後の手紙(続) 3~13
酒は不善諸悪の根本 13
[誌友通信]「死刑囚の手紙」を読みて  岡本實太郎 14
糺弾運動を起せ  光瀬 俊明 14
次号を待つ  松浦 龍鑁 14
暑中御見舞申上げます  佛 陀 社 15
編輯雑記 浅 野 生 15

◆第三巻第九号 一九三五年九月一〇日発行
仏教と酒と階級問題――伸びる階級、進む民族は酒と絶縁す  浅野 研眞 2~3
「青年死刑囚の最後の手紙」読後感  本多辰次郎/高島米峰/山根菊子/南矩 子/田島ひで/清谷閑子/安藤政吉/高 山福良 4~9
誌友通信 10
編輯雑記  浅 野 生 11
Starigo de Budaisma Sociologio [1]~[4]

◆第三巻第一〇号 一九三五年一〇月一〇日発行
宗教と愛慾との接線――新戒律運動への一出発  浅野 研眞 2~3
人種問題と仏教  貫  傳松 4~5
浄土建設は禁酒から  鈴木 重敬 5
北海道だより  高田 陽策 6
全く久し振りにて  藤原 最勝 6
浅野研眞著『仏教社会学研究』合評浅野研眞氏の近業『仏教社会学研究』を読む  圓谷  弘 7~9
『仏教社会学研究』をよみて  野崎 利夫 9~11
『仏教社会学研究』を評す  好村 春輝 11~12
『一向一揆史論』並に『一向一揆史料』の刊行に就て  浅野 研眞 14
新刊紹介 15
編輯雑記  浅 野 生 16

◆第三巻第一一号 一九三五年一一月一〇日発行
「邪教撃滅戦」を宣す  浅野 研眞 2~3
宗教政策の基調  圓谷  弘 4~12
仏教社会学院彙報 14
編輯雑記  浅 野 生 15

◆第三巻第一二号 一九三五年一二月一〇日発行
佛陀社三大期誓/佛陀社青年会々則 2
邪教撃滅正法顕揚大座談会の記(仏教社会学院主催)  浅野研眞/高山峻/松葉直三郎/松本小四郎/望月周雄/狩野獲麟/田中弘義/来馬琢道/神保敏夫/蜂谷恵晃/松井義海/藤野井行仁/山本潔/鈴木重敬/神田正法/中西雄洞 3~7
余白に 7
「邪教撃滅戦」万歳!!  井上淳念ほか 8~9
誌友通信 10
[雑録]街路樹と中将姫  浅野 研眞 11
新刊紹介 12
年賀広告募集!! 12
編輯雑記 16

◆第四巻第一号 一九三六年一月一〇日発行
佛陀社三大期誓/佛陀社青年会々則2邪教撃滅のために――発生原因と内容批判及び対策  浅野 研眞 3~9
感謝録 10
自己批判のために  浅野 研眞 12
誌友通信 14
編輯雑記  無 々 子 15
謹賀新年  浅野 研眞 (16)

◆第四巻第二号 一九三六年二月一〇日発行
宗教界の動向を語る  浅野 研眞 2~6
浅野研眞著『仏教社会学研究』合評(続)浅野研眞君著『仏教社会学研究』寸評  高島 米峰 7
『仏教社会学研究』を読む  福場 保洲 8~9
『仏教社会学研究』の意義  伊藤 道学 10~12
新刊紹介 12
誌友通信 14
編輯雑記/感謝録 16

◆第四巻第三号 一九三六年三月一〇日発行
新戒律運動の基調  浅野 研眞 2~6
仏教社会学院小誌(昭和十年度) 7~9
昭和十年度会計報告 9
新刊紹介 12
誌友通信 14
編輯雑記 無 々 子 15

◆第四巻第四号 一九三六年四月一〇日発行
隠れたる仏教社会事業家を顕彰せよ――特に良大上人と鈴木信教師に就て  浅野 研眞 2~5
「間引」小考――随筆風に  浅野 研眞 6~9
誌友通信 9
青年学生の宗教的願望  奈良 敬蔵 10~11
新刊紹介 14
編輯雑記  無 々 子 15

◆第四巻第五号 一九三六年五月一〇日発行
「宗教復興」から「宗教教育」へ――最近の動向の一批判  浅野 研眞 2~4
療養所だより  山路 節子 5
生活抄(三月七日)  無 々 子 5
満洲国だより  半谷 範成 6
徹空俊玉上人の事ども  網田 義雄 6
誌友通信 7
編輯雑記  無 々 子 8

◆第四巻第六号 一九三六年六月一〇日発行
宗教社会学特に仏教社会学に於ける方法論的二途  浅野 研眞 2~3
新刊紹介 3
参禅第一日の印象  福井  昭 4
「間引」追考  浅野 研眞 5~6
誌友通信 7
編輯後記  無 々 子 8
感謝録 8

◆第四巻第七号 一九三六年七月一〇日発行
宣言/綱領/邪教撃滅聯盟規約/加盟申込書 邪教撃滅聯盟 2~3
『現代仏教批判』小序  浅野 研眞 4
間引の事実に関する報告  大山 順造 5
誌友通信 6
編輯雑記/感謝録 7

◆第四巻第八号 一九三六年八月一〇日発行
新興類似宗教批判  浅野 研眞 2~12
新刊紹介 13
誌友通信 14
編輯雑記/感謝録 15

◆第四巻第九号 一九三六年九月一〇日発行
国定教科書と宗教々材  浅野 研眞 2~6
編輯雑記/感謝録 7

◆第四巻第一〇号 一九三六年一〇月一〇日発行
現代支那仏教の点描  浅野 研眞 2~6
現代支那の育つ類似宗教  浅野 研眞 7~10
〝撃聯〟解散宣言 邪教撃滅聯盟 11
仏教振興会創立趣意書 仏教振興会 12~13
誌友通信 14~15
編輯雑記 16
旅順に遊ぶ/満洲の仏教〔俳句〕 16

◆第四巻第一一号 一九三六年一一月一〇日発行
支こ那こにも転向者あり――共産党より仏教へ  浅野 研眞 2~13
[転向手記其一]どうして私は共産党から浄土教の信徒に変成したか?  楊  家郎 3~7
[転向手記其二]私が共産党から仏教徒に変成した経過  志 超 7~13
間引に対する秋田藩の措置  細谷 則理 14
新刊受領図書紹介 15
終身読者芳名録/編輯雑記 16

◆第四巻第一二号 一九三六年一二月一〇日発行
邪教の伸び行く経路――一つのルポルタージュ  浅野 研眞 2~3
大陸苦吟行  無 々 子 3
東北仏教の点描――若干の報告  浅野 研眞 4~6
朝鮮を貫走して  浅野 研眞 7
小学教育と宗教教材――浅野研眞君の一新著を読む  谷本  富 9~10
邪教撃滅聯盟の戦闘報告  松本小四郎 11~12
誌友通信 13
年賀広告募集!!  佛 陀 社 14
終身読者芳名録 15
編輯雑記  無 々 子 15

◆第五巻第一号 一九三七年一月一〇日発行
祖師鑚仰の真意義  浅野 研眞 2~4
浅野研眞著『青年の仏教読本』を評す『青年の仏教読本』  谷本  富
5~6
『青年の仏教読本』を愛す  梅原 眞隆 6
濁世に欣求浄土の望み  井関 孝雄 6~7
『青年の仏教読本』を読む  禿  諦住 7~8
「青年の仏教読本」を読んで  江部 鴨村 8~9
『青年の仏教読本』――「中外日報」批評 9~10
『青年の仏教読本』を読む  圓谷  弘 10
誌友通信/佛陀社青年会記事 13
終身読者芳名録 15
編輯雑記  無 々 子 15

◆第五巻第二号 一九三七年二月一〇日発行
佛陀社三大期誓/佛陀社青年会々則 (2)
邪教と正教  浅野 研眞 3~5
佐田介石の憂国社創立序文  浅野 研眞 6~8
邪教撃滅聯盟会計報告 9
佛陀社青年会記事補遺 10
新刊受領図書紹介 11
誌友通信 13~14
終身読者芳名録/編輯雑記 15

◆第五巻第三号 一九三七年三月一〇日発行
聖徳太子と社会事業――本邦社会事業の「父」としての御事蹟  浅野 研眞 3~14
佐田介石の追憶  秋山 彌助 15
編輯後記  無 々 子 16

◆第五巻第四号 一九三七年四月一〇日発行
佛陀社三大期誓/佛陀社青年会々則 (2)
皇道仏教に就いて  浅野 研眞 3~5
佐田介石の魁益社同盟帳緒言  浅野 研眞 6~7
私の信念  長野 重治 8
満洲だより  藤井  晋 9~10
新刊受領図書紹介 12
誌友通信 13
編輯後記  無 々 子 15
感謝録 15

◆第五巻第五号 一九三七年五月一〇日発行
農村寺院と農繁期托児所  浅野 研眞 2~3
佐田介石の墓碑は五ケ所  浅野 研眞 4~5
新刊受領図書紹介/誌友通信 6
編輯後記  無 々 子 7
感謝録 7
第五巻第六号 一九三七年六月一〇日発行
布施論――仏教社会事業上の若干考察  浅野 研眞 2~4
農村寺院と医療施設 浅野 研眞 5
新刊受領図書紹介/誌友通信 6
編輯後記  無 々 子 7
感謝録 7

◆第五巻第七号 一九三七年七月一〇日発行
宗教に於ける〝日本的なるもの〟  浅野 研眞 2~3
新刊紹介/誌友通信 3
没落する〝ひとのみち〟教団  浅野 研眞 4~6
編輯後記  無 々 子 7
感謝録 7
〝農村寺院問題〟座談会〔案内〕 (8)

◆第五巻第八号 一九三七年八月一〇日発行
尊由上人の〝還俗〟 浅野 研眞2非常時と社会事業  浅野 研眞 3
巴里通信  松尾邦之助 4~5
新刊受領図書紹介/農村寺院問題座談会出席者芳名/誌友通信 6
編輯後記  無 々 子 7
感謝録 7

◆第五巻第九号 一九三七年九月一〇日発行
三帰依文/四弘誓願文/佛陀社三大期誓/佛陀社青年会々則 2
北支事変と支那仏教の動向  浅野 研眞 3~7
北支の宗教を語る  浅野 研眞 8~10
邪教の跡始末に就て  高見 之通 11
新刊紹介 11
[質疑応答]寺院の山号に就て/宗教々育に就て 12
謹告 12
誌友通信 13
『佐田介石全集』の刊行に就て――十方諸氏 の御支援を冀ふ〔広告〕 浅野 研眞 14
編輯後記  無 々 子 15
感謝録 15

◆第五巻第一〇号 一九三七年一〇月一〇日発行
三帰依文/四弘誓願文/佛陀社三大期誓/佛陀社青年会々則 2
国民精神総動員の一考察  浅野 研眞 4~5
千人針と禁煙・禁酒  岡田 道一 6~7
仏教的社会観 浅野研眞著、石尤風訳 8~10
貧強雑誌『佛陀』  志賀 静丸 11
我等仏徒の誓ひ――四弘誓願文によりて  浅野 研眞 12~13
北支戦線だより  藤井  晋 16
時局句草  無 々 子 16
北平の魅惑  浅野 研眞 17
佛陀(満五十号)に寄せて  谷本富/高島米峰/島野禎祥/成瀬賢秀/石丸梧平/清谷閑子/近藤乾郎/本田喜代治/小谷徳水/岡本かの子/梅原眞隆/藤秀璻/松尾長造/安藤正純/道端良秀/馬田行啓/楠原祖一郎/二川凌雲/江部鴨村/昇曙夢/長谷川時雨/山本照順 22~25
誌友通信/新刊紹介 26
終身読者に御成り下さい!! 佛陀社経営部 30
編輯後記  無 々 子 31

◆第五巻第一一号 一九三七年一一月一〇日発行呆れ果てたる人の道教祖の懺悔録  浅野 研眞 2~4
念仏しながら殉死した大尉未亡人  浅野 研眞 5
〝佛陀〟(満五十号)に寄せて(続)禿氏祐祥/岩崎卯一/松岡譲/山邊習学  6
十種法行 6
誌友通信 6
編輯後記  無 々 子 7

◆第五巻第一二号 一九三七年一二月一〇日発行
淫祀と邪教と迷信――覚書風に  浅野 研眞 2~4
北支戦線だより  藤井  晋 4
北支従軍僧だより  井上淳念/藤井晋/白崎厳成 5~6
誌友通信/新刊紹介 7
編輯後記/感謝録 8

◆第六巻第一号 一九三八年一月一〇日発行
〝防共聖戦〟の核心――宗教に課せられたるもの  浅野 研眞 2~5
〝渡暹の壮図を祝す〟 6
誌友通信/受領新刊紹介 7
謹告  浅野 研眞 7
編輯後記/感謝録 8

◆第六巻第二号 一九三八年二月一〇日発行
新興シャムの横顔  浅野 研眞 2~3
[誌友の叫び]教団の現状を憂ひて  雨宮 一恵 4
誌友通信/受領新刊紹介/訪暹報告会への祝電一束 6
編輯後記/感謝録 7

◆第六巻第三号 一九三八年三月一〇日発行
求法南進の一大先駆 真如法親王の奉讃  浅野 研眞 2~4
シャム仏教の印象  浅野 研眞 6
[誌友通信]時局に直面して  兼安 英哲 6
受領図書/〔訃報〕 6
編輯後記  無 々 子 7
感謝録 7

◆第六巻第四号 一九三八年四月一〇日発行
支那仏蹟の復興――有縁の祖跡を護れ  浅野 研眞 2
大亜建設と宗教工作――躍進する回教と加教  浅野 研眞 3
暹羅と北支とからシャムだより  藤井 眞水 4
北支の太原から  井上 淳念 4
北支の通州から  藤井  晋 4
二月中の日記抄 4
誌友通信/受領図書 5
編輯後記/感謝録 7

◆第六巻第五号 一九三八年五月一〇日発行
八紘一宇の真意義――皇道の世界的光被  浅野 研眞 2
日本三景を点描する――『観光報国週間』に因んで  浅野 研眞 3~4
〔俳句〕  無 々 子 4
[論壇]支那仏蹟を復興せよ  鎌尾  清 4
四国遍路の今昔――時代に流されるもの  浅野 研眞 5
誌友通信/受領図書 6
編輯後記 7

◆第六巻第六号 一九三八年六月一〇日発行
移植民政策と宗教工作  浅野 研眞 2~7
誌友通信 7
新刊紹介/誌代領収感謝録 8
編輯後記  研 8

◆第六巻第七号 一九三八年七月一〇日発行
〝仏ぶつもつ物〟思想を高揚せよ――貯蓄運動の宗教的基調  浅野 研眞 2~3
一家一萬円の賽銭貯金――貯蓄報国と祖先崇拝  浅野 研眞 4~5
北支だより  藤井  晋 5
誌友通信/住田智見先生の御逝去を悼む/本多辰次郎博士の御逝去を悼む 6
新刊紹介/編輯後記/誌代感謝録 7
暑中御見舞広告募集  佛 陀 社 (8)

◆第六巻第八号 一九三八年八月一〇日発行
日本文化の宗教面――偉大なる『宗教時代』の到来  浅野 研眞 2~3
暑中御見舞申上げます  佛 陀 社 3
同大・谷大・京大――入洛講演行の印象  浅野 研眞 4~5
親鸞教に随順して  湊  七良 6
誌友通信 6
新刊紹介/誌代感謝録 7
編輯後記  無 々 子 7

◆第六巻第九号 一九三八年九月一〇日発行
日本文化と日本仏教  浅野 研眞 2~3
樺太教界の印象  浅野 研眞 4~5
誌代等感謝録 5
誌友通信 6
新刊紹介 7
編輯後記  研 眞 7
佛陀社三大期誓/佛陀社青年会々則 (8)

◆第六巻第一〇号 一九三八年一〇月一〇月発行
東亜政策と宗教問題――思想戦の核心として(上)  浅野 研眞 2~6
誌友通信/新刊紹介 6
終身読者芳名録/誌代等感謝録 7
編輯後記 浅 野 生 7
佛陀社公開講座〔案内〕/仏教文化学院への発展的改組 (8)

◆第六巻第一一号 一九三八年一一月一〇日発行
東亜政策と宗教問題――思想戦の核心として(下)  浅野 研眞 2~6
終身読者芳名録/誌代等感謝録 7
編輯後記  浅 野 生 7
誌友通信/新刊紹介/仏教文化講座〔案内〕 8

◆第六巻第一二号 一九三八年一二月一〇日発行
長期戦下の求道  浅野 研眞 2~3
「仏物思想の高揚」を読む  鎌尾  清 4
誌友通信/新刊紹介 5
戦勝の年賀広告!!  佛 陀 社 6
終身読者に御成り下さい!!  佛陀社経営部 6
終身読者芳名録/誌代等感謝録/編輯後記 7
仏教文化講座〔案内〕/佐田介石遺品展 8

◆第七巻第一号 一九三九年一月一〇日発行
東亜協同体の理念――特に宗教と関聯して  浅野 研眞 2~7
神も仏も――横瀬夜雨の歌へる  無 々 子 8~10
新刊紹介 10
誌友通信 12
佐田介石の愛国詩 浅野 研眞13終身読者に御成り下さい!!  佛陀社経営部 14
終身読者芳名録/編輯後記 15
戦勝の新春を賀し興亜の聖業に精進せんことを期す  浅野 研眞 16
第七巻第二号 一九三九年二月一〇日発行
時局と死の問題――生死超脱底に参ぜよ  浅野 研眞 2・5
佐田介石の電報  浅野 研眞 3
誌友通信 4
新刊紹介 5
終身読者芳名録 7
編輯後記  無 々 子 7

◆第七巻第三号 一九三九年三月一〇日発行
新東亜建設と宗教  浅野 研眞 2~3
佐田介石の「富国策建白」を読む  谷本  富 4~6
誌友通信/新刊紹介 6
終身読者芳名録 7
編輯後記  不 遇 庵 7

◆第七巻第四号 一九三九年四月一〇日発行
信仰は不合理か?  浅野 研眞 2~3
北支だより  藤井  晋 4
新刊紹介 4
誌友通信 5
終身読者芳名録/編輯後記――偶詠 7

◆第七巻第五号 一九三九年六月一〇日発行
大乗的婦道  浅野 研眞 2
「神道社会学」に就て  浅野 研眞 3~5
銃後家庭強化の歌  無 々 子 5
誌友通信/新刊紹介 6
終身読者芳名録/編輯後記 6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://3ninsha.blog.fc2.com/tb.php/10-dcce38dc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

さんにんしゃ

Author:さんにんしゃ
京都市左京区吉田二本松町4 
白亜荘
Tel. 075-762-0368
Fax. 075-762-0369
Mail. office*3nin.jp  *→@
三人社FACEBOOK
三人社TWITTER

お問い合せ・ご注文


【直販のご案内】
*小社は取次口座をもっておりません。書店にご注文いただくか、直接小社までお申し込みください。上記「お問い合わせ・ご注文」のフォームをご利用いただくか、電話・ファクスでも承ります。なお、送料は実費をご負担願います。(1万円以上のご注文は送料無料です。)

*備考欄に「公費購入」とお書き添えくだされば、三点セット(見積書・納品書・請求書)を同送いたします。また、特定の書式も、小社迄お送りくだされば、対処させていただきます。

三人社刊行物のご案内

最新トラックバック

QRコード

QR